狐と消防 (きつねとしょうぼう)


ある夜、下常吉の土手に狐が現れた。
『おおみやの民話』「狐と消防」より


狐が尻尾で消防士たちを操ったのか、それとも消防士自体が狐の見せる幻覚だったのでしょうか。


伝承地:京丹後市大宮町下常吉


名前
 
  お墓 卒塔婆立て 塔ば立て 極太支柱50φ 3寸 5コマ サイズ約 (cm) 高さ103cm×幅59.5cm×奥行5cm 塔大感謝価格定価30万 GUEST JOCONDE フリル大きいサイズ15号スカートスーツ